番外編 COLINA (コリーナ) のリネンシャツ


今日は、奥さんの大学の先輩である岡田さんが新たに立ち上げたブランドCOLINA(コリーナ)のプレス、バイヤー向け展示会にお邪魔してきました。

http://colina-web.com  COLINA(コリーナ)
DSC_0733.JPG
DSC_0734.JPG
ブランドオーナーの岡田さんは、元々生地メーカーの仕事に長く携わってこられた方で、国内の有名ブランドやセレクトショップなどのシャツなども素材から手掛けてこられた経験の持ち主。
そんなホンモノを知る男がメイドインジャパンの底力をとことん引き出した渾身のこだわりブランドがCOLINA。
「妥協したモノにしてしまうのは簡単なんやけど、そんなものなら他のところでいくらでも作ってもらえばええかなと思って。せっかく自分が作るんやから、手の込んだいいものにこだわりたいんです。」
岡田さんが穏やかな関西弁で説明してくれる一つ一つの商品は、その穏やかな語り口とは対照に、素材とディティールへのこだわりが半端なく熱い!もはやオタク、、いや、変態の領域まで達していて、靴には及ばなくともシャツ大好きの私もついついうれしくなってしまい盛り上がりました。
夏物中心の展示で、特に目に留まったのがリネンのアイテム。特にシャツは、比較的リラックスしたディティールなのに、番手の高い高級リネン生地を使い、厚めのボタンと丁寧な縫製で、キレイで上品な雰囲気。
特に直接開発まで行っているという生地については、リネンでこんなしっかりしたキレイな風合いのモノがあるんだなぁとびっくり。
僕が今まで知っているリネンって、なんというかザックリした感じでクシャクシャした生地のイメージだったのだけど、どうやらそれは安物だったようで、細番手の手の込んだ生地を使えば独特の光沢としっかりした質感が出るんだなぁと感動しました。
そんなリネンシャツで思い出したのが、モルディブのホテルで見たフランス人やイタリア人のオヤジたちのリネンシャツの着こなし。
ヨーロピアンのオヤジ達は、リゾートではTシャツ短パンではなく体にあったリネンの襟付きシャツとスラックスを着ていて、ぱっと見でモノの良さが伝わってくる。クラス感出てるなぁ、かっこええなぁと思っていたのだけど、ああいうリネンシャツって探してみると意外にない。
もちろん僕ら日本人が着てしっくりくるものがあれば最高なんだけど、ますますない。
でも、コリーナのリネンアイテムはそんなリラックスとクラス感、それに日本の精密な仕事が融合していて素晴らしいアイテムでした。
で、、がまんならず、紺のトラディショナルな長袖リネンシャツ
DSC_0731.JPG
それに、珍しい拝みボタン仕立ての7分袖リネンシャツ
DSC_0732.JPG
をこれまた、ご迷惑を顧みず最少ロット(自分用w)でオーダー。
価格帯はシャツで16000円~18000円前後とそりゃSPAなどの安シャツと比べてはいけませんが、この素材やボタン、そして縫製から考えるとむしろ良心価格。バイジャパンという意味でも日本人なら買いです。
展示会の状況を伺っても、大手セレクトショップのバイヤーはもちろん、デザイナーさんも大注目のコリーナ。
早く手に取って見れるお店が増えるといいな。